スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りぼん5月号感想その2


こんにちは!
うっかり前置きを長くしないうちに始めてしまいましょう(笑)
続きです。その1はこちらから。

つばさとホタル(春田なな先生)

「やっぱり羨ましい こんなにアッキーに考えてもらえる人」

ああもう、毎月のようにすごくリアリティのある胸キュン展開ですね!
アッキーはやっぱりかっこよかったり可愛かったりするし、でもつばさが告白済みなことを考えるとずるいですよね!(笑)

さてクリスマスパーティーです。
プレゼント交換の渡す相手を事前に決めておくっていうのはすごくいい案だなあと思いました。
予想込でまとめると
つばさ→鳥羽くん
アッキー→つばさ(確定も同然?)
鳥羽くん→三日月さん...かな?
ぐしゃっとつぶすところから考えて嫌な相手だったんだとなと(笑)
アッキー(恋敵)という線も考えたのですが、メタ的見方をしてしまうとさすがに3人の中で回すのはないんじゃないか?と。(笑)
なんとなくですがアッキーは烏丸とかからもらいそうな気がします。すごくふざけたやつ。

とはいえ大学生との合同練習でクリスマスパーティーどころじゃなくなりそうという絶妙の引き。
思いっきりクリスマスとかぶってるとか大学生側が可哀想すぎるのですが...サークルでなく体育会所属のちゃんとした部活だとしたらそんなこと言ってられないですかね。
クリスマスパーティーは中止になるかな、と思いますがつばさはマネージャーとして参加できますもんね。
クリスマス当日にアッキーに個人的に渡す展開来るかな。
食べ物以外にアッキーが喜ぶものって以外と思いつかない...あ、猫グッズとかですかね。
アッキーへっていうよりメルちゃんへになりますけど(笑)


またあした(村田真優先生)

「永遠様」

これだけ見ると何漫画かわからなくなりそうですが少女漫画です。
でも最近のりぼんっぽくない漫画だなとおもいます。
まあ村田先生自体が独特の雰囲気を持つ作品を作り出す方ですよね。

最初は望と優のダブルヒーローものかあと思っていて、まあそれも間違いではないとは思うのですが、今作はまず第一に恋愛が来るような作品ではなさそうだなと。
永遠もまだ自分が恋愛するっていう方向には意識がいかなさそう。
望と優と「友達」にはなった永遠ですが、友達になってから恋愛意識するまで長そう...でも流れ星レンズ同様仲良しグループにどっぷり浸かってそうな主人公たちですし、題名の「またあした」から言っても日常を大事にした漫画みたいですし案外恋愛にシフトするのも早いのかな...。
まだこの作品がどういった方向性で行くのかつかみきれないでいます。


僕の家においで(優木なち先生)

「大学ではっ真野さんの隣の席は一体どのような方なのでしょうか...!?」

美怜の無知っぷりがちょっと可愛かったです。
まあ大学生の兄弟がいるわけでもない、ドラマや漫画で大学生の様子を仕入れる機会もなかった高校1年生なんてそんな感じですよね。
それから人並みの嫉妬を覚えたかなーって印象でした。

今度の舞さんは性悪ライバル。意外とこの漫画って性格的ににいい人ばかりだったので結構新鮮ですね。
ただ真野さんも揺らぎそうにないので舞さんは色々あがいてみるも無駄に終了する未来しか見えません(笑)
たぶん1月の正月休み明けだと思うのですが、それにしては皆寒そうな格好してますよね。

大学での真野さんの様子って一度も描写されたことなかったので新鮮でした。
まあバイト先とあまり変わらないといえば変わらない。
「たまにつるむ人」はいるみたいでしたが(なんだかんだ仲好さそうでしたし結構に一緒にいるんじゃないかと思うのですが)普段大学では1人なんだろうか...。
女子には抜け駆けできない的な意味で遠巻きに騒がれてるだけっぽいですよね、男子も同じような感じで遠巻きにされてそう(笑)
一般人のはずなのに大学入学した芸能人みたいな扱い受けてそうです。


さかさまクランベリー(かるき春先生)

「またこれと同じ未来になるとは 限らないよ」

今までとガラッとテイストが変わった回でしたが話的にも一気に進んだ回でしたね!

今までタイムパラドックス的な話は一切出てこなかったのでもうその辺は一切考えずに無視する展開なのかなーと思っていたのですがそうでもないみたいですね。
そもそも今青山とめぐるが付き合ってるっていうのもどういう経緯かわからないですしね。

めぐるもモノローグ内でさえはっきりと「好き」とは言いませんでしたがもうそういうことですよね!(笑)
この間は「優しくしたい」だったのがさらに進歩!その辺の流れは上手いなあと思います。
残念なことに人気がどの程度あるかでこの漫画がいつまでやるのかがある程度決まってしまうんだろうなとは思うのですが、もうしばらくしたら現在に戻って、今度は自分の望んだ中3の未来になるように頑張るめぐる編なんかも読みたいですね。

さて今月の最後は青山もチョコでおかしくなってましたが、あれキスしてるのかなあ。
角度的に寸止めであの後めぐるが止める!って展開にも持っていける感じだったので。
どう転がるのかわからないストーリーなので毎月楽しみです。


シュガー*ソルジャー(酒井まゆ先生)

「でも 入谷くんはそうじゃないよね!?」

佳境ですね。ていうか予告でもクライマックスって出てますしあと2~3回ってところでしょうか。
そして酒井先生恒例の親との確執展開...。
今までの親との確執系を思い返してみたのですが結構ヒーローヒロイン平等に親との確執設定ありますね(笑)
今回のしーちゃんさんは不運が重なってすれ違ってしまったといった感じで、入谷くんもそんなの言い訳だといいましたが本心ではなさそう、というか今更なんだよって思いが強すぎるというのか。
しーちゃんさんは川?に身を投げてしまって、助かるとは思えないのですが、最期に入谷くんが本音をこぼすのを聞いてから息を引き取りそう...。

そういえばしーちゃんさんを探すのに使った追跡アプリ?みたいなやつ知らなかったのですがすごいですね。
今時は人探しもアナログではなくなってしまったんだなあ。
そして真琴のスマホがしーちゃんさんと共に川に水没してる気がするのですが...。
大丈夫かな(笑)


えそらごと。(雪丸もえ先生)

「何にでも終着点があるんだ 人の気持ちにも」

きれいにまとまった最終回だったなとおもいます。
スペシャルに掲載された番外編も後日談というより第4話のような扱いでしたが、最後まで電車つながりでまとまっていてこれぞオムニバス!という感じ。
今回は予想通り主人公は由真で、由真の思考もやっぱり予想通りというか(笑)
でもこの場合は予想通りだからこそうまくまとまってよかったなーと思えます。
第一話と第二話で登場している由真を主人公に据えるわけですし、読み切りに近い感覚のオムニバス、しかもページ数も多くはないので完全予想外の主人公(の性格、思考)、展開よりも予定調和なほうが面白いと思えましたね。

確か9月がりぼん創刊月だったと記憶しているんですが、その時から雪丸先生の新連載でしょうかね?
楽しみです。


チョコタン!(武内こずえ先生)

「2人して帰ってこないと思ったらっ いったい何してたのよっ」

特別何、とは言い難いところでありますがいい雰囲気になってましたねー。
さすがにあの至近距離で顔近づいたら有馬も意識するんだなーと変なところに注目してしまいました(笑)

にしてもチョコタンの脱走癖?は直らないですねー。
まあ漫画だから全然かまわないんですけどね、主人公?チョコタンだし。
そろそろ人間のほうの話も進まないかなあと思いつつチョコタンに癒されてます。




今月号は結構話が進んだり進まなくてもおお!という展開が多くてとても楽しかったです!
久々に全作品感想書けましたがやっぱり書くの楽しいです。
そもそも感想書きたくてブログ始めたので当たり前といえば当たり前ですね(笑)

それではありがとうございました!!

関連記事
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 365日with all rights reserved.

プロフィール

恵理

Author:恵理
現在大学生。
アップルパイとポッキーと白米が大好物!
漫画だろうが小説だろうが、読むのは大好き。
音楽だったら藍坊主さんとSasakure.UKさんが好きです。

普段は割りと冷めてる感じなんですが、興奮すると大変なことに
なったりならかったり。
夜に更新すると高確率で高テンションです。

よろしくお願いします♪

*読書メーター
恵理のマイページに飛びます

*Twitter
行き場のない胸の内を呟いています。
りぼんの感想など、ブログに関係することは殆ど呟いていません。
えり @melody_a839
リツイートがとても多い方などはリフォローしないことがあります。

*プロフィール画像はmomochyさんよりお借りしております。

アンケート

無料アクセス解析

ご協力ありがとうございます! 今後の参考にいたします。

最新トラックバック

アクセス

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少女向けコミック
112位
アクセスランキングを見る>>

読書メーター

恵理さんの読書メーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム