スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りぼん5月号感想その1

お久しぶりです~!
大学に入る前の春休みは暇だろうと踏んでいたんですが全く暇ではなかったですね...突然の放置失礼しました。
私事ですが無事大学入学しました!
とりあえず履修も終わってサークルの新歓も行って、やーーっと一息つきたいなーでもまだ慣れないなーみたいなところです。
6年ぶりの共学だったのでどうなることやらと不安だったのですが、なんとか男女ともにお友だち沢山できて(過去の自分比)嬉しいです。
大学生ってもっと暇かと思ってたんですが(失礼)、少なくとも一年生のうちは全くそんなことないですね。
最近は自分でもびっくりするくらいサブカル方面の趣味から離れてしまってます。ただ単純に時間がないだけなんですけどね(笑)


さて前置きながくてすいません、だいぶ遅いですがりぼん5月号です!


*表紙
奈菜です。クリスマス絵の時は可愛い~と思ったんですが、今回は個人的にいまいち。
笑顔が嘘臭いというんでしょうか、確かに内容的に笑ってられないと思いますけどね(笑)
背景可愛いです。

ロマンチカクロック(槙ようこ先生)

「慎ちゃん...」

杏花音、ちゃんと恋愛的な意味で慎ちゃんのこと好きなんだなって実感したシーンでした。(今更)
一人強がってた杏花音も好きな人の前では弱いところもみせたりなんかして乙女ですねー。

で、杏花音、普通にやばいですよね?
ストレスだとは思えないのですが...。
まあ蒼も未だ気にしてる風だったり頭痛が続いたりしてるしミスリードなんだろうなーとは思うのですが。
私医療方面には詳しくないので他の方々の感想から拝借してきたものですが、疑わしいのは白血病みたいですね。
ちょっと調べてみたのですが、確かにアザができたり食欲不振だったり、当てはまってる部分が多いです。

近所の病院では血圧測ってもらった描写しかないので(採血でもしてたら杏花音が騒ぎそうだし...)、お医者さんは端から白血病は疑わずって感じなんでしょうね。
 
そして作品名のロマンチカクロック、今まで深く考えてなかったんですが、まさか杏花音の残された時間のこととかじゃないですよね...。
さすがに主人公が生死の淵をさ迷う展開はりぼんではやらないですよね...?
心配です。


いろはにれんげ(柚木ウタノ先生)

「いつかきっと つかめるよね」

妖狐ヒロインですね!
人間になるの、もう少しひっぱるかと思ったので案外早くてびっくりでした。
憧れのアイドルミヤビちゃんがいて、(DVDの見すぎで?笑)ダンスも完璧...な設定ですがこれからどうなるのか全く想像できないです。
それこそアイドル目指してミヤビちゃんと同じ舞台に立つ展開も十分考えられますが、 芸能界ものはすでに「バディゴ!」がありますし、さすがに同時期に題材かぶりはないですよね。
予告カットが制服っぽいので普通に学園ものに移行する感じ?
これからの展開がどうにも転がせそうなのでとりあえず次回読まないとなんとも言えないですね。


猫田のことが気になって仕方ない。(大詩りえ先生)

「あっは!私まだあんたの名前聞いてなかった!なんて名前っ!?」

ああああ卒業しちゃいましたね...!そして入学しちゃいましたね!
まさか中学生編やると思ってなかったのでビックリです。「こどものおもちゃ」思い出しますね。
女子の制服は緑ということで、似合う子と似合わない子にはっきり分かれそうですが(笑)
みっきーには似合ってますね。
さてさて新キャラ千砂ちゃん。目の書き方が一人だけガラッと違うのでビックリしました。ふつうに丸いハイライトでいいんじゃないかな...。
みっきーも交友の輪が広がっていってて、引用したセリフのシーンも新学期特有の初々しい感じが好きです!

さて千砂ちゃんも猫田が猫顔に見えるようですね。
みっきーと猫田は幼少期に何か関わりがあったっぽいようなことが時々書かれていますが、千砂もそういうことなんでしょうか。
ここ最近は猫田の不思議に迫る展開とは離れていたので、久々に出てきてワクワクします。

なないろ革命(柚原瑞香先生)

「でも 仲良くなるのは紺野さんがいい」

個人的にひまりちゃんの黒(紺?)セーターが可愛くてツボです。
さてやっと奈菜に友達が?という話。
何気に奈菜が初めて自分から「仲良くしたい」と思ったんじゃないでしょうか。
今まで仲良くしたいに近い感情はゆゆたちグループ相手に持っていましたが、どちらかというと嫌われずにいたいとか、誤解を解きたいとか、ぼっちを回避したいとかそういう方向性であって、梓とちほみと仲良くしたい!と思ってるようにはあんまり見えないんですよね。
ゆゆのことはなんだかんだ捨てきれないというか、好きなんだろうなと思いますし...。

ブログお休みしてた間、かなりゆゆの闇的なものが垣間見えてますが(笑)、ゆゆの根本には奈菜が好きだという気持ちがあると思うので難しい話ですよね。
上手く立ち回って最後は奈菜にはゆゆしかいない状況にもっていきたいんだろうなーと思うのですけど、そんなゆゆにとっては新たな敵が(笑)
にしても詩丘くんの「嫌いになってほしいの?」は心理を突きすぎてやばいですね。本当に中一なんだろうか。
ゆゆにも言えることですけど。


「バディゴ!」(黒崎みのり先生)

「私たちはバディ きっとそれだけ それだけ」

どう考えてもそれだけじゃないだろという突っ込みは野暮ですね(笑)
ブログお休みしてる間に始まった連載でしたがかなり面白いです。
アイが女性だというのがばれるのが早すぎるのでは、と思ったりもしたのですがばれた後の展開が絶妙なので文句ないです(笑)
黒崎先生の絵柄自体は殆ど変っていないと思うのですが、でも以前より断然絵も女の子は可愛く、男の子はかっこよくって感じがするんですよね。
あっさりした絵柄で、書き込みの少な目なので見やすいです。

面白い、とは書いたのですが具体的に感想を書けと言われると中々かけないですね。(笑)
じわじわと仲が深まる二人をにやにやしながら見守る系の漫画だと思ってるので...。
ハヤテはアイが女だと気づいてしまったことを誰にも言ってないので、一人悶々としたり、気を使ってるのになんだよ!ってなったりと本当に見ていて美味しいです(笑)

うしろの光子ちゃん(いしかわえみ先生)

「もう 全部遅いんだ」

晴くんがらみの展開、見てて悲しすぎるので今月号でひとまず離れるのが有難い、そんなレベルで読んでいて辛いです(笑)
いしかわ先生の描くイケメン男性がすごく好きです。

教官が光子のスター性を見込んでるだけ(?)にしてはかなり可愛がってますね。
情に熱い、というかなんだかんだ極悪非道にはなれない人なんでしょうか。
単純に教え子可愛さ的な感じですかね。
光子の存続をかけた試験?の標的が教官になってしまいましたが教官って何を怖がるんでしょう.....。
今回モブっぽい感じで出てきた首から上のない教官がいたので、教官も元は光子的な感じでこの世に恨みや未練をもって死んだ怨霊なんだとしたら知られざる過去的なものがあるかもしれませんね。

この連載って何をもってゴールなのかがわからないのでなんとなくそのうちグダグダしてしまうんじゃないかって心配です。
読み切りだったときはある程度ゴールが決まっていましたが...。



ひとまずここまで!
続きも出来るだけ早めにあげられるようにします!




関連記事
スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

copyright (c) 365日with all rights reserved.

プロフィール

恵理

Author:恵理
現在大学生。
アップルパイとポッキーと白米が大好物!
漫画だろうが小説だろうが、読むのは大好き。
音楽だったら藍坊主さんとSasakure.UKさんが好きです。

普段は割りと冷めてる感じなんですが、興奮すると大変なことに
なったりならかったり。
夜に更新すると高確率で高テンションです。

よろしくお願いします♪

*読書メーター
恵理のマイページに飛びます

*Twitter
行き場のない胸の内を呟いています。
りぼんの感想など、ブログに関係することは殆ど呟いていません。
えり @melody_a839
リツイートがとても多い方などはリフォローしないことがあります。

*プロフィール画像はmomochyさんよりお借りしております。

アンケート

無料アクセス解析

ご協力ありがとうございます! 今後の参考にいたします。

最新トラックバック

アクセス

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少女向けコミック
112位
アクセスランキングを見る>>

読書メーター

恵理さんの読書メーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム