スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とうとう?追加




カゴテリみればわかるんですが、「伯爵と妖精」、加えました。
この記事も伯爵と妖精のアニメ見ながらやってます←
いやー、ものすごくはまって、エドガーしか目に入らない←

原作のほうの感想も、ぼちぼち更新したいと思います☆
勿論、りぼんのほうの感想も更新するので、よろしくお願いします♪

まあ、更新のスピードはあんまり変わらない気がするのですが、頑張りますっ!

これからもよろしくお願いしますーっ

スポンサーサイト

りぼん12月号『パーフェクト・ローズ roze.5』の感想



ちょっと遅れちゃいましたが、予告どおりパーフェクト・ローズの感想です。
久しぶりにパソコンから更新。
打ちやすくて楽だけど、この漢字変換をどうにかしてください(笑

では早速参ります☆


相変わらずあおりが素敵ですね^^
のばらのバックにいるふわふわロングの女の子が誰だか気になります。
なんか『青空ポップ』の織香ちゃん思い出しました。
織香ちゃんはロングじゃなかったですが、なんか私のイメージ的に(意味不明)

さて、美晴の発言に対する蒼馬の反応は一見美晴の言うようになんとも思ってないように見えますが、雪千嘉の言うとおり、絶対好きでしょw
のばら誤解というか、思い込みしてますが、そこでそんなこと忘れられるような美晴の追い討ち...
蒼馬と引き離しても美晴に何かいいことがあるとは思えないけどなぁ。
本当に暇つぶしだったらのばらが可哀想過ぎます。
...あれ、たかとのたかの漢字が出ない...ひらがなで勘弁してください...←
えっと、たかとは見ておかないとじゃなくて(抜けてそうだしw)ちゃんと行動に移して欲しいです(笑

てか、次ページののばらを迎えに来た蒼馬、かっこいいけど美晴の話無視?笑
でも逃げ出したのばらの方を見て
...なんだよ それ」(りぼん12月号作中8ページ)
って言う蒼馬が可愛いっ
私、嫉妬とか独占欲とか大歓迎な人種なので...←

一方のばらは、美晴の家に遊びに行っちゃうことに。
少しは危険を感じようよww
落とそうとしているんだよ!?笑

しかも!しかも!
美晴はどうしても高校を卒業したいわけじゃないことが判明!
先月号の私の推測?はあたったっ!!
でも残りの3人を卒業させてあげたいんですね。
友達想いだった...
蒼馬が本来の目的を忘れて、みんなが高校卒業できないと困るから、代わりに自分が...って事ですかね。
そう思うと切ない。

次の日のばらを校門のとこのフェンスかな?
に動けないようにした蒼馬はやっと好きな子をとられる意識が働いたのかなww
可愛いーっ
(他の作品で申し訳ないですが、私の心は伯爵と妖精のエドガーでいっぱいなんです← なんかもう、エドガーしかかっこいいと思えない←)
仲間うちでのばらのメアドを知らないのは自分だけと知り、さらに美晴に追い討ちで今日、美晴の家にのばらが来ることを知った蒼馬の顔、さっきの顔よりさらに可愛いですねーっ
どんどん嫉妬してください、蒼馬くーん。←

で、@美晴宅。w
のばら可愛いなぁ。
お金あるし、(笑)本気になったら相当のおしゃれさんになりそうですね。
美晴のデザインした絵、しっかり見たいなぁ。

美晴の小さい頃も、切ないですね。
寂しかったんだろうなぁ。
crash!の侑吾みたい、前もいいましたが。
美晴の書いたスケッチブックを捨てろという美晴に、叱責?するのばら。
いつも一生懸命だよねー、可愛い。
迎えに来た層馬も必死だなぁ。
のばらに出会えてよかったね。笑

のばらを連れ出したあと、蒼馬は怒ってないと言い張ってますが、完全に怒ってるよーww
恋愛経験があんまりないのばらに(しかも異性に好かれたことがないと思われるw)
気づかれるなんて終わりだな、蒼馬も。


...私、まさかのばらのお父さんがこんな大きく描かれるとは思いませんでした。笑
前、「打倒☆南立」みたいなTシャツ着てるお父さんが、スーツ着てるとなんか面白いなぁ。


なんかぐだぐだでしたが、許してください←
いつも内容の3割ぐらいカットしてるので今回はできるだけ内容を拾おうとしたんですけど...
うーん、頑張ります。

伯爵と妖精 『あいつは優雅な大悪党』の感想

 
 
 
 
お久しぶりです。←
久しぶりなのでりぼんのパーフェクト・ローズあたりを攻めようかと思ってりぼん読んでるうちに、睡魔が覚醒してきたので明日にします。←
まあ、私の趣味を語るブログなので!!
多少の脱線は勘弁してください!!←
まあ、好きなことのんびり語るなら、上のサイト紹介をちょっといじればいいんですけど(笑
 
…自分に対するツッコミが激しい(笑
 
以前『るんるーん♪←』って記事(過去の自分を殴りたい…)にこっそり書いた、谷瑞恵先生のライトノベル作品、『伯爵と妖精』。
あれからぼそぼそと買いまして、現在は8冊目の『駆け落ちは月夜を待って』まで持ってます。
最新刊まで読んでいる方でこの記事にたどり着いた方、いらっしゃったらすいません
 
いつも通りに前置き長くてごめんなさい、それでは参りますっV(^-^)V
 
以下、すっごいネタバレすると思われるので、読もうと思ってる方は気をつけてください
 
 
 
本来はマンガばっかり読んでるので、伯爵と妖精との出会い(?)も、香魚子先生のマンガ版でした。
で、最近表紙が素敵すぎる、話も面白そうってことで買いまして、エドガーにやられまして、原作にも手がでたわけです(笑
最初、先に見た所為か香魚子先生版のエドガーの絵しか受け入れられなくて(リディアは大丈夫でしたw)、原作買うの躊躇したんですが、インターネットで伯爵と妖精について色んな記事見て、それ見てからだと高星麻子先生の絵がすっぽりはまりました
 
香魚子先生版のエドガーは、エドガーのアメリカでの過去がすごい似合うなぁ、なんて思っちゃいました。
うまく言えないですけど…優しいだけの顔じゃない、って感じですかね…。←
すべてを乗り越えたからこその顔、みたいな!!まだ乗り越えてないけど!!←
高星先生のエドガーは、見た目だけは(←)本当にただの優しい伯爵みたいで、だからこそ女の子が騙されるんだろなぁ、なんて(笑
 
長々絵だけで語っちゃうとは(°□°;)
内容内容
 
にしても、エドガーとリディアの出会い、リディア側から見れば最悪ですね(笑←
突然羽交い締めされて、『助けてくれ、お願いだ……』
……。
助けてくれじゃないだろっ!!(笑
今から考えるとエドガー、最低だw
副題の「あいつは優雅な大悪党」はぴったり(笑
でもかっこいいし、フォローも素敵だし、理由が青騎士伯爵の宝剣を手に入れるためとはいえリディアを守ってくれるし、リディアが例のあばら小屋で逃げ出せなかったのもわかります
まあ、リディアが逃げ出さなかった理由は、そんなとこにはないみたいですがね(笑
この巻は、マンガ版で読んでいて話の流れはわかっていたので、マンガ版でもでてきた原作のセリフを聞く度きゅんきゅんしてました←
絵、思い出しちゃうんですよね。
ちなみに一番好きなマンガ版の絵は冒頭の『さて、ミスター・ゴッサム、色々と世話になったね。礼がしたいのだけど?』ですね
原作読んだとき発狂しかけました……←←
最近気づいたのですが、私は伯爵の笑顔はもちろん、寝起きとか誰かを睨みつけたりしてるときの機嫌が悪い顔に弱いようです(笑
私、優しそうな顔の人より(美形な人が←)機嫌悪かったり目つき悪いの、好きなのかも……
(りぼん11月号絶叫学級感想参照w)
 
(あばら小屋の話に戻ってます)
んー、にしてもリディア可愛い!!
普通あの状況で『あなたはそんなふうに絶望したの』とか言わないでしょう!!
その後のエドガーの行為は全然リディアのことを想ってるようには見えないですが←、この1言で何かが変わったのは確かだと思います。
エドガーも取り乱して脅しかけるの失敗しましたからね。
 
そういえばさっきからエドリディにしか触れてませんね。
当時はレイヴンを従者としか思ってなかったので…
次の巻からレイヴン可愛くなってきた
ニコも妖精猫ぐらいにしか思ってな(ry
……アーミンは切ない!!と思って胸が痛んだのに、しばらくしてあっさり帰ってきて呆気にとられた…のはまた別の話。
 
お城で謎を解くシーンは面白かったですV(^-^)V
妖精に詳しくなった気分(笑
ただ、エドガーの、リディアパパについた嘘w
2人とも現実になるとは思ってなかっただろなぁ(笑
 
メロウと交渉するリディアは立派
いくらお人好しとはいえ、ここでエドガーを助けにきた時点でリディアの運命はエドガーに握られたんじゃないかな(笑
次の巻からエドガーは暇さえあったら口説いてる感じですし←
 
うん、とりあえず語れたから満足です(笑
眠いです(笑
 
余談ですが私、先ほど書いた『伯爵と妖精をインターネットで調べて~』って時、アメリカ発のドラマ??なのかな←の『GLFE』版の『Hello Good-bye』(原曲 Beatles)をエンドレスで聴いていたので(笑
『Hello Good-bye』を聴いているとエドガーを思い出してにやけちゃって…← 
困ったものです。←
 
 
それでは、次はりぼん11月号『パーフェクト・ローズ rose5』の感想を更新したいと思います。
お休みなさいです
 
 
 

りぼん11月号 『絶叫学級 39時間目「エミリーちゃん家」』の感想

 
 
 
 
『つばめのすぅ』風に言わせていただくと、今日は私の生誕っ\(^o^)/です。。
実際使うと生誕って…っ!!
自重するべきでしたね(笑
 
 
さて、本題に入る前に。
パーフェクト・ローズの表紙の隣のページが、『別冊マーガレット』の宣伝なんですが、12月特大号は別冊ふろくにクリスマス…がテーマの短編集って言うのかな、そんなのがついてくるみたいですね
昔りぼんでもやってましたよね、またやってくれないかなぁ…
じゃなくて。(笑
クリスマスの文字の下には『1年で1番あったかい1日です。』(りぼん11月号376Pより)
とあるんですw
そりゃ、恋人がいる人はね!!
家族とかでもいいんですが。
 
今回の絶叫学級の主人公、雪緒は最悪なクリスマス…でしたね。
 
24日に両親が仕事でひとりぼっちの雪緒。
うーん、24日はイヴだからクリスマスじゃないんだけどなぁ…
まあそれはさておき。
友達のと比べると、雪緒は家族大好きなんだなぁ
 
のえるちゃんの家でクリスマスを過ごすことになった雪緒達。
そもそも、のえるとか誕生日いつだよって感じですよね(笑
誕生日パーティーとクリスマスパーティーが一緒にされたりしないのかなぁ(笑
 
さて、24日。
のえるちゃん家に来た3人ですが、人の家で走ったりドア勝手にあけたりするのはやめましょう。
これが悲劇につながるきっかけ1…って言っても過言じゃないかなー…なんて。
 
私の独断で決めるwきっかけ2はまぁ、のえるちゃんが物置にいるとこを見ちゃったやつですかね。
のえるちゃんものえるちゃんで、せめてドア閉めてればよかったのに(笑
 
そこでメアリーちらっと登場
なんか現実にいそうで怖いです。
メアリー、可愛いと思うんですけど、あんまり言うとマジで送られてきそう…
 
エミリーが人殺しなのに、のえるちゃんはショックを受けなかったんでしょうかね??
それでも家族との幸せをとったってことですかね。
結局最後は雪緒もエミリーの手をとりますし、1人が寂しかったんでしょうね。
 
私は小さい頃はともかく小5ぐらいになると『留守番なら好きなことし放題じゃん!!』という最低な思考だったので、あんまり1人が寂しいとかおもいませんでした。←
 
どうでもいいですが、最後の黄泉のカットがすごい可愛い!!
いしかわ先生の絵、女の子可愛いし、男の子かっこいいし、好きです
しかも、小学生と中学生の顔の雰囲気が違いますよねーっ
しばらく絶叫学級は終わりそうにないですが、またこないだの春の増刊号の『ライアー ~嘘の箱庭~』みたいな絶叫学級以外のやつも読みたいです
 
ちなみに私は(どっちも増刊号です、すいません)『ライアー ~嘘の箱庭~』の神木くんと、『りぼんリアル』の絶叫学級の最後のページの彼(軽くネタバレになるので伏せますw)がかっこいいなぁ~なんて思っちゃいます。
あんまり優しそうな顔してる人、好きじゃないのかな←
 
 
なんかあんまり絶叫学級に触れなくて申し訳ありませんm(_ _)m
長々ありがとうございました
 
 

りぼん11月号 あれ、完結しましたね(笑 桜姫華伝もちょっとだけ。

 
 
 
 
一昨日修学旅行より帰って来ましたっ!!
そして何故か今熱があります!!←
しかし無視。
きっとそのうち治るでしょー。
 
 
 
題名のあれは何かって、『プレミア☆リレーまんが りぼんちゃん、その人生
です。
なんかりぼんちゃんの人生、とんでもないことになってましたね(笑
不良に恋したり、りぼんちゃんは本名じゃなかったりw、漫画家(しかも少年)だったり、記憶喪失したり…
 
2年の連載であれだけ内容が濃くて、豪華な連載は世界でこれだけだと言っても過言じゃないかと(笑
 
来月からはマンガ情報CAFE自体がリニューアルするみたいですが、どうなるのか楽しみです
 
 
来月の1月号は今回『りぼんちゃん、その人生』最終回を描いた種村先生の桜姫華伝華伝が3周年目ですね
いやぁすごいです。
紳士同盟†(クロス)もすごい長かったですが、桜姫華伝はすごい長くなりそうですね。
コミックスでも、種村先生が『今までの私の作品の中で最長連載になるのは間違いない』みたいなことおっしゃってましたし。
 
本編は桜と青葉の命が危ないですが、舞々がどうにかしてくれないかなぁ。←
たまには桜が妖古を退治してるのを久しぶりにみたいです。
 
今回の桜姫華伝、ちょっと普段よりギャグというか、そんな要素が多かったですね
その分来月落とすんですかね…
私は桜の幸せを願っております。
 
 
 

雪丸もえ先生について。

 
 
 
なんか題名がやけにざっくりしてますね(笑←
久しぶりにりぼんの感想をば。
 
さて、今回のひよ恋は表紙、巻頭カラー、カラーショート付きとなんとも豪華でしたね
 
ですがまあ、当たり前ですが雪丸先生が増えるわけではないので(笑、すっごい仕事量だと思います。
お疲れ様でした
 
 
なので仕方ない部分はあるにせよ、今回のひよ恋は絵がないコマが異様に多いですよね…
特にりっちゃんとコウくんの会話シーンとか。
あと(特にひよりの)目が白かったりとか。
 
 
先月も巻頭カラーで、おめでたいと思うんですが、肝心の漫画がこれでは大変です。
といってもこれは雪丸先生の所為じゃないと思うんですよね。
編集部の方、雪丸先生に少し楽させてあげてくださらないものか…
 
表紙は最近雪丸先生と春田なな先生がほぼ交互。
巻頭カラーは新連載とかがあると巻頭カラーが多いのでなんとも言えないですが、少なくともひよ恋が巻頭カラーなのは沢山ありました。
 
ひよ恋がとっても人気なのはわかりますし、それを売りたい編集部もわかるけど、雪丸先生を多忙にして漫画を駄目にするなんてことはしないで欲しいです。
 
ちなみに来月の表紙は藤原ゆか先生、巻頭カラーはセカイの果て。
楽しみですV(^-^)V
表紙は新たなりぼんっ子を増やすためにも人気作家をだしたいのかもしれませんが…
巻頭カラーはセカイの果てみたいに人気なやつを順番にだしてほしいです。
いっそのこと絶叫学級とか(笑
あ、でもトップに絶叫学級だと夕方に読むからいいかも。
平日発売で発売日に読んでると、絶叫学級(真ん中過ぎぐらい)読んでる頃には夜なんですよねー…
怖いです
 
 
 
 
私1人が雪丸先生を休ませろといっても何も変わらない気がしますがm(_ _)m
今月号のみならず前にもこんな回があったので、りぼん編集部が雪丸先生に負担をかけていると気づいて欲しい。
細々叫んでみました。
 
 
さて、明後日から修学旅行なのに何もしてません。←
というか明日学校なのに今から寝たんじゃ起きられる自信がありません
 
野球中継のために録画した大河ドラマを観たのが間違いでした…
明日にすればよかったのかなぁ。
関係なさすぎですが、中日ドラゴンズが日本シリーズに進みましたね
ソクトバンクVSドラゴンズ。
うーん、ソクトバンクは日本シリーズに中々行けなかったから頑張って欲しいし、やっぱり落合監督は最後だから、ドラゴンズに勝ってほしい気もします。
 
…どっちも応援できません(笑
だって私は、広島東洋カープのファンだからっ!!
 
 
 
…どんな締めかたなんだ…(笑
しかも日付変わっちゃったし。
 
 

キターっ\(^o^)/(古w

 
 
 
 
見てください!!
これ!!
 
これでちゃんと画面にでてますよね??(笑
一見ただの500円玉ですが、なんと、年号が
 
昭和64年です。
 
まあ皆様ご存知だと思いますが、昭和は64年の1月8日で終わりました。
『平成の硬貨が作られるまでは昭和64年で作ってたから、2月ぐらいまで作ってたし、そこまでレアじゃないんだよ』
と以前塾の先生に言われましたが、私はずっと欲しかったんです!!
 
ゲットしました!!(嬉泣
ちなみに母からもらいましたV(^-^)V
 
 
昨日言ったように、今日は本屋で8冊買いましたよーっ
4850円なり
これならこの間買った漫画と合わせてw5000円以上いきます
 
 
ちなみに8冊の内半分は『伯爵と妖精』です←
あとは普通の文庫。
 
 
なんか今日はデコメな気分です
ようするにテンションが高い(笑
 
明日は父とBookOffに行きます(^^)
また文庫を買う予定w
だから今日はBookOffでは売ってなさそうな、フェアコーナーを攻めました☆
話題の作家さんや、オススメ本の中では2軍(3軍かな)あたりのやつです(笑
でも絶対に『謎解きはディナーのあとで』は買わない。(笑
 
あんまり、本屋大賞とかそこまでいっちゃって、本をあんまり読まない人も読もうかな~ってなるような、本屋大プッシュの流行本は買いたくないんです
なんか流行本を読むより、色々読んで自分お気に入りの一冊を見つけたいんです。
流行に乗せられてる気分になるのが嫌ってのもありますが
 
流行りが落ち着いてから流行本は読みます(笑
 
 
また語っちゃいました(°□°;)
 
みなさんも、是非お気に入りの本を見つけて下さいね
 
 

るんるーん♪←

前の記事にも書いた通り、この記事は昨日投稿しようとして寝落ちしたので昨日のものです。
あまりにも…なところは手を加えましたが、基本的に何もしてません(笑



―――――――――――――――――

漫画の感想を更新するほど集中力がないので、なんとなくつぶやきます。
私の正体を知ってる人には誰にも知られたくない(笑
私の近況…というか独り言w

普段は絵を描いた隣にぶつぶつ描いてるんですが←
たまにはいいかな、なんて(笑

初の試みです〓



※以下、本気でつぶやきます。興味ないけど仕方ねぇ、見てやるぜっ!!というお優しい方は、どうぞ↓↓↓↓




本屋さんに行きたい。
私、こないだ谷瑞恵先生原作の、『伯爵と妖精』といういわゆるライトノベルの、香魚子先生が絵を描いた漫画バージョンを買ったんです。
マーガレットコミックスの。


とってもよかったですV(^-^)V
おすすめ(笑
現実に潜むファンタジーって感じの話です。←
舞台は19世紀のイギリス。

で、絵も話も素敵で、原作も買ってみました。
コバルト文庫。
平積みされててワクワク。(笑


……読んだらですねー。
もうヤバいです。
早く続きが読みたい(笑
エドガー(ヒーロー…って言葉は似合わないけど)の破壊力といったら…
電車の中で何周読んだことか←

しかも今ジュンク堂(と丸善)はキャンペーン中で。
期間中に発行されるピンクレシートで5000円以上買うとオリジナルトートバック……
1万円だと図書カードなんですが、学生が本代にほいっとだせるお金じゃない…

ってわけでトートバックもらうぞーっ!!
出陣じゃあーっ
(※土曜に)



ここまでが昨日です

楽しいから続けます。
ちなみに今さっきの記事の『カンタレラのヨーロピアンな雰囲気で思い出すあること』はそう、『伯爵と妖精』ですっ
明日だ!!

あ、明日ピアノだ…
土曜になったの忘れてた…
(こないだまで月曜でした)
まあいっか☆
きっと明日の午前中に練習すればなんとかなるよ多分あはは←

あー、頭痛い。
さすがにパソコンの前に居座り過ぎたかしら。皆さんも気をつけて下さいね。
私みたいにならないでください(笑



よし、ゴロゴロしよう!!



なんとも言えないですね。
ただのぐだぐだだらだら独り言。
私しか楽しくないような気がします。
でも、更新量をもっとあげたいので、これからは日記みたいのもちまちま更新しようかな。

てか、最初から日記ってカゴテリー作ったんですけどね、(笑


長文すいませんでした。
ここまで読んでくださった方、ありがとうございましたっ!!

改装。




テンプレートを変えました!
同じ方のテンプレートなので、あまり雰囲気は変わらないですがww
背景が薄くなったので、色がついてるやつが見やすくなったかな?

いやー、改装しようと思ってテンプレートをすっごいたくさん見たんですけど、そんなの飽きっぽい私には無理で←
音楽に助けられました...

主にボカロですが。
初音ミク、ありがとうっ!笑

(この先ボカロトークなので苦手な方はバックですっ)





普段ボカロを聞くときはメルトとか可愛い、綺麗な歌を聴いているんですが...
今日は「マトリョシカ」に私の気分の神が光臨してました。w
もともと好きでしたよっ!汗
「ちょっと教えてくれないか?」って歌詞のとこが好き。音とか。

あとは「カンタレラ」とか聞いてました。
いやー、あのヨーロピアンな雰囲気でちょっとあることを思い出してにやけがとまらないので←
聞くのやめたんですがw
カンタレラは歌い手さんが歌ってるほうが好きです。

ただし私音楽にのっちゃってあんまり進まないんですけど←
お勧めのBGMにぴったりの曲があったら教えてください。笑


ちょっとあることは、昨日携帯投稿しようとしてたら寝ちゃったやつを今から更新する予定なんで、そこでわかります。
多分。ww


改装してもゆったり更新は変わらないと思いますが、これからもよろしくお願いします^^

りぼん本誌11月号『ひよ恋 step24』の感想2

 
 
 
 
12月号発売されちゃいましたが、この間の続きです。
 
 
で。
 
付き合うってよくわかってないひより。
…ひよりは結心の彼女になって何するつもりだったんだろう??
一緒に帰るとか??
あれ、でも家反対だったっけw
 
迷っていたら、お決まり展開で廊下にいちゃついてるカップル登場w
これをひよりが目指したらなんかもうキャラ変わりますよね…
ひよりが抱き合うとかキスするとか全く想像できな(ry
 
ところで、まあ一応モテる結心ですから、(しかも親子な身長差)冷やかされますよね。
冷やかされて結心を突き飛ばし、ロッカーの前で落ち込む…
勢いで告白しただけなので、ひよりの根本的な性格は変わらないですね。
残念。
 
でもそのあと何故か話しかけてきてくれたコウくんへのセリフ。
 
『コウくんも誰かを好きになったらきっとわかるよ』(りぼん11月号作中21P)
 
このセリフいいですよねー。
ひよりの成長っ←
なんか正直言ってひよ恋って、ひより、いい加減に悩むのやめてっ!!
って思うことがあるんですよ。
でも、こういうセリフひとつひとつにひよりの成長がにじみ出てて、ちょっとジーンときます(笑
 
コウくん、ひよりが去ったあとに目で追ってますね。
これはひよりの言葉に考えさせられたのか、それとも…!?
りっちゃんも通りかかりましたし、気になるシーンです。
意味深。w
 
 
私、感想1の方で『吹き出すほどの笑いに変わった』とか言いました。
 
そのシーンはですね。
25Pなんです。
冷やかしに我慢出来ない時は言えよ、みたいなセリフのあと、結心がちょっと照れながら…
 
『守るから』(11月号作中25P)
 
 
………。
普通、キュンとくるはずのこのセリフ。
私も好きな人(結心みたいな人、あまりタイプじゃないんですよね)に言われたらひよりみたいに顔赤くなるだけじゃすまないと思いますしw
 
ただ、私はですねー…
どーっしても結心が高2ってより中2男子に見えてしまうんです。←
 
これも結心も恋愛初心者だから…なのでしょうか。
私の中では2人は中2カップルです。←
なんか『守る』みたいなセリフとか、その辺が…
これは私の単なる個人的思考なので、(サイトの全てにおいて言えますが)あまり納得できない方は忘れちゃってください(笑
 
 
 
ぐだぐだだーっ!!←
すいません、お腹が痛くてm(_ _)m
でも明日文化祭で(笑
テンションが高いんだか低いんだか自分でもわかってないもので。
あれ、関係ない??
 
 
 
copyright (c) 365日with all rights reserved.

プロフィール

恵理

Author:恵理
現在大学生。
アップルパイとポッキーと白米が大好物!
漫画だろうが小説だろうが、読むのは大好き。
音楽だったら藍坊主さんとSasakure.UKさんが好きです。

普段は割りと冷めてる感じなんですが、興奮すると大変なことに
なったりならかったり。
夜に更新すると高確率で高テンションです。

よろしくお願いします♪

*読書メーター
恵理のマイページに飛びます

*Twitter
行き場のない胸の内を呟いています。
りぼんの感想など、ブログに関係することは殆ど呟いていません。
えり @melody_a839
リツイートがとても多い方などはリフォローしないことがあります。

*プロフィール画像はmomochyさんよりお借りしております。

アンケート

無料アクセス解析

ご協力ありがとうございます! 今後の参考にいたします。

最新トラックバック

アクセス

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2725位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少女向けコミック
127位
アクセスランキングを見る>>

読書メーター

恵理さんの読書メーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム