お知らせ

2/15受験終了し、通常運転に戻りました。
*4/26 コメント1件返信

365日withに足をお運びいただき、ありがとうございます。
漫画などの感想は、予告なしでネタばれしますのでご注意ください。
コメントなどもとても嬉しいです!ですが、荒らし、誹謗中傷はおやめください。
リンクなどについてはこちらに目を通していただけると嬉しいです。
  • SINCE*2011*08*01~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

りぼんフェスタ...


悩んだのですが日記カゴテリにします。
こんにちは!恵理です。

本日はりぼんフェスタ最終日ですね!
先日の記事でも書いたのですが、私は本日3日に行く予定満々でした。が、完全に体調を崩してしまいましたm(__)m
情けないです...。
だいぶ回復したので行くことも考えたのですが、誰かと一緒に行くわけでもないので無理しないことに決めました。

今年は60周年で色々と豪華だと聞いていたので楽しみだったのですが...。
大学入学してから初めての大型連休だったので安心して?疲れが出てしまったんですかね...。

というわけで今年のりぼんフェスタ行けないので報告などがないです...。
申し訳ない。
りぼんも最新号発売してますが買えてないんですよね!!(*_*)
発売日に買って読むのがポリシーだったのに!


それでは失礼します。


スポンサーサイト

りぼん5月号感想その2


こんにちは!
うっかり前置きを長くしないうちに始めてしまいましょう(笑)
続きです。その1はこちらから。

つばさとホタル(春田なな先生)

「やっぱり羨ましい こんなにアッキーに考えてもらえる人」

ああもう、毎月のようにすごくリアリティのある胸キュン展開ですね!
アッキーはやっぱりかっこよかったり可愛かったりするし、でもつばさが告白済みなことを考えるとずるいですよね!(笑)

さてクリスマスパーティーです。
プレゼント交換の渡す相手を事前に決めておくっていうのはすごくいい案だなあと思いました。
予想込でまとめると
つばさ→鳥羽くん
アッキー→つばさ(確定も同然?)
鳥羽くん→三日月さん...かな?
ぐしゃっとつぶすところから考えて嫌な相手だったんだとなと(笑)
アッキー(恋敵)という線も考えたのですが、メタ的見方をしてしまうとさすがに3人の中で回すのはないんじゃないか?と。(笑)
なんとなくですがアッキーは烏丸とかからもらいそうな気がします。すごくふざけたやつ。

とはいえ大学生との合同練習でクリスマスパーティーどころじゃなくなりそうという絶妙の引き。
思いっきりクリスマスとかぶってるとか大学生側が可哀想すぎるのですが...サークルでなく体育会所属のちゃんとした部活だとしたらそんなこと言ってられないですかね。
クリスマスパーティーは中止になるかな、と思いますがつばさはマネージャーとして参加できますもんね。
クリスマス当日にアッキーに個人的に渡す展開来るかな。
食べ物以外にアッキーが喜ぶものって以外と思いつかない...あ、猫グッズとかですかね。
アッキーへっていうよりメルちゃんへになりますけど(笑)


またあした(村田真優先生)

「永遠様」

これだけ見ると何漫画かわからなくなりそうですが少女漫画です。
でも最近のりぼんっぽくない漫画だなとおもいます。
まあ村田先生自体が独特の雰囲気を持つ作品を作り出す方ですよね。

最初は望と優のダブルヒーローものかあと思っていて、まあそれも間違いではないとは思うのですが、今作はまず第一に恋愛が来るような作品ではなさそうだなと。
永遠もまだ自分が恋愛するっていう方向には意識がいかなさそう。
望と優と「友達」にはなった永遠ですが、友達になってから恋愛意識するまで長そう...でも流れ星レンズ同様仲良しグループにどっぷり浸かってそうな主人公たちですし、題名の「またあした」から言っても日常を大事にした漫画みたいですし案外恋愛にシフトするのも早いのかな...。
まだこの作品がどういった方向性で行くのかつかみきれないでいます。


僕の家においで(優木なち先生)

「大学ではっ真野さんの隣の席は一体どのような方なのでしょうか...!?」

美怜の無知っぷりがちょっと可愛かったです。
まあ大学生の兄弟がいるわけでもない、ドラマや漫画で大学生の様子を仕入れる機会もなかった高校1年生なんてそんな感じですよね。
それから人並みの嫉妬を覚えたかなーって印象でした。

今度の舞さんは性悪ライバル。意外とこの漫画って性格的ににいい人ばかりだったので結構新鮮ですね。
ただ真野さんも揺らぎそうにないので舞さんは色々あがいてみるも無駄に終了する未来しか見えません(笑)
たぶん1月の正月休み明けだと思うのですが、それにしては皆寒そうな格好してますよね。

大学での真野さんの様子って一度も描写されたことなかったので新鮮でした。
まあバイト先とあまり変わらないといえば変わらない。
「たまにつるむ人」はいるみたいでしたが(なんだかんだ仲好さそうでしたし結構に一緒にいるんじゃないかと思うのですが)普段大学では1人なんだろうか...。
女子には抜け駆けできない的な意味で遠巻きに騒がれてるだけっぽいですよね、男子も同じような感じで遠巻きにされてそう(笑)
一般人のはずなのに大学入学した芸能人みたいな扱い受けてそうです。


さかさまクランベリー(かるき春先生)

「またこれと同じ未来になるとは 限らないよ」

今までとガラッとテイストが変わった回でしたが話的にも一気に進んだ回でしたね!

今までタイムパラドックス的な話は一切出てこなかったのでもうその辺は一切考えずに無視する展開なのかなーと思っていたのですがそうでもないみたいですね。
そもそも今青山とめぐるが付き合ってるっていうのもどういう経緯かわからないですしね。

めぐるもモノローグ内でさえはっきりと「好き」とは言いませんでしたがもうそういうことですよね!(笑)
この間は「優しくしたい」だったのがさらに進歩!その辺の流れは上手いなあと思います。
残念なことに人気がどの程度あるかでこの漫画がいつまでやるのかがある程度決まってしまうんだろうなとは思うのですが、もうしばらくしたら現在に戻って、今度は自分の望んだ中3の未来になるように頑張るめぐる編なんかも読みたいですね。

さて今月の最後は青山もチョコでおかしくなってましたが、あれキスしてるのかなあ。
角度的に寸止めであの後めぐるが止める!って展開にも持っていける感じだったので。
どう転がるのかわからないストーリーなので毎月楽しみです。


シュガー*ソルジャー(酒井まゆ先生)

「でも 入谷くんはそうじゃないよね!?」

佳境ですね。ていうか予告でもクライマックスって出てますしあと2~3回ってところでしょうか。
そして酒井先生恒例の親との確執展開...。
今までの親との確執系を思い返してみたのですが結構ヒーローヒロイン平等に親との確執設定ありますね(笑)
今回のしーちゃんさんは不運が重なってすれ違ってしまったといった感じで、入谷くんもそんなの言い訳だといいましたが本心ではなさそう、というか今更なんだよって思いが強すぎるというのか。
しーちゃんさんは川?に身を投げてしまって、助かるとは思えないのですが、最期に入谷くんが本音をこぼすのを聞いてから息を引き取りそう...。

そういえばしーちゃんさんを探すのに使った追跡アプリ?みたいなやつ知らなかったのですがすごいですね。
今時は人探しもアナログではなくなってしまったんだなあ。
そして真琴のスマホがしーちゃんさんと共に川に水没してる気がするのですが...。
大丈夫かな(笑)


えそらごと。(雪丸もえ先生)

「何にでも終着点があるんだ 人の気持ちにも」

きれいにまとまった最終回だったなとおもいます。
スペシャルに掲載された番外編も後日談というより第4話のような扱いでしたが、最後まで電車つながりでまとまっていてこれぞオムニバス!という感じ。
今回は予想通り主人公は由真で、由真の思考もやっぱり予想通りというか(笑)
でもこの場合は予想通りだからこそうまくまとまってよかったなーと思えます。
第一話と第二話で登場している由真を主人公に据えるわけですし、読み切りに近い感覚のオムニバス、しかもページ数も多くはないので完全予想外の主人公(の性格、思考)、展開よりも予定調和なほうが面白いと思えましたね。

確か9月がりぼん創刊月だったと記憶しているんですが、その時から雪丸先生の新連載でしょうかね?
楽しみです。


チョコタン!(武内こずえ先生)

「2人して帰ってこないと思ったらっ いったい何してたのよっ」

特別何、とは言い難いところでありますがいい雰囲気になってましたねー。
さすがにあの至近距離で顔近づいたら有馬も意識するんだなーと変なところに注目してしまいました(笑)

にしてもチョコタンの脱走癖?は直らないですねー。
まあ漫画だから全然かまわないんですけどね、主人公?チョコタンだし。
そろそろ人間のほうの話も進まないかなあと思いつつチョコタンに癒されてます。




今月号は結構話が進んだり進まなくてもおお!という展開が多くてとても楽しかったです!
久々に全作品感想書けましたがやっぱり書くの楽しいです。
そもそも感想書きたくてブログ始めたので当たり前といえば当たり前ですね(笑)

それではありがとうございました!!

テンプレート少しいじらせていただきました


こんにちは!

題名通りPCから見たときのテンプレートのCSSを少しいじらせていただきました。
スマートフォン、ガラケーからご覧の方は変わっていません。
そもそもPCでここを見てくださっている方はどのくらいいるのか...私はPC大好きなので基本的に編集はPCです(笑)

具体的にいうと記事部分のみ背景を変更しました。
背景のお花柄が記事部分にも反映されていて、少し見えづらいかな、と以前から思っていたので...。
このテンプレートを使い始めたときは記事部分に背景あった気がしたんですが気のせい?
基本的にCSSに関してはいじってないはずなんだけどな。

背景が単色になりましたので、鍵付きでコメントしていただいた方への返信は背景色と同色で返信するスタイルに戻しますね。
反転してお読みください。
ただしPCの背景色です。スマートフォンで見てる方のほうが多そう(適当な予想)ということもあって背景色を統一したりすることも考えたのですが私の知識不足のため断念しました...。
申し訳ないです。
もちろん媒体関係なく見て下さるのはうれしいのですが、私がPCで編集していることもあって当ブログはPCで見ていただいたほうが色々と親切なつくりになっております。
記事を読むだけなら何の関係もない話ですが。

個人的な目標は自作のテンプレートを作成することなので、HTMLやCSSの勉強頑張ります!
それでは!

りぼんフェスタ!

こんにちは!
楽しみなことが5月にありすぎてワクワク止まらない恵理です。

さてさてもうすぐりぼんフェスタ東京ですね!
私去年の横浜が初めての参戦だったのですが、予想以上に楽しかったことと、一人で行ってもそんなに浮いてない(?)ということが判明したので今年も行こうかなと思っています。
自宅から近いのは横浜だったので今年は横浜で開催されなくてちょっと残念ですね。
品川の会場行ったことないのと少し遠いので、前回のように朝早く行くのが厳しそうです。
グッズもいろいろと欲しいのですが売り切れてても諦めるしかないかな...。
去年の会場も朝並んですごかったですが今回はさらにすごい予感がします...。

歴代の漫画家さん含めた描き下ろし色紙がとても楽しみです。原画展示も昔の作品があるみたいですね。
去年初めて原画を見たときはすごく感動したなー。

2日、3日両方空いているのでまだどちらに行くかは決めていないのですが、1日は夜遅くまで出かけている予定なので朝早く起きるのが厳しいかも(笑)
りぼんフェスタ行かれる方いらっしゃいましたら、よろしくお願いしますね!

りぼん5月号感想その1

お久しぶりです~!
大学に入る前の春休みは暇だろうと踏んでいたんですが全く暇ではなかったですね...突然の放置失礼しました。
私事ですが無事大学入学しました!
とりあえず履修も終わってサークルの新歓も行って、やーーっと一息つきたいなーでもまだ慣れないなーみたいなところです。
6年ぶりの共学だったのでどうなることやらと不安だったのですが、なんとか男女ともにお友だち沢山できて(過去の自分比)嬉しいです。
大学生ってもっと暇かと思ってたんですが(失礼)、少なくとも一年生のうちは全くそんなことないですね。
最近は自分でもびっくりするくらいサブカル方面の趣味から離れてしまってます。ただ単純に時間がないだけなんですけどね(笑)


さて前置きながくてすいません、だいぶ遅いですがりぼん5月号です!


*表紙
奈菜です。クリスマス絵の時は可愛い~と思ったんですが、今回は個人的にいまいち。
笑顔が嘘臭いというんでしょうか、確かに内容的に笑ってられないと思いますけどね(笑)
背景可愛いです。

ロマンチカクロック(槙ようこ先生)

「慎ちゃん...」

杏花音、ちゃんと恋愛的な意味で慎ちゃんのこと好きなんだなって実感したシーンでした。(今更)
一人強がってた杏花音も好きな人の前では弱いところもみせたりなんかして乙女ですねー。

で、杏花音、普通にやばいですよね?
ストレスだとは思えないのですが...。
まあ蒼も未だ気にしてる風だったり頭痛が続いたりしてるしミスリードなんだろうなーとは思うのですが。
私医療方面には詳しくないので他の方々の感想から拝借してきたものですが、疑わしいのは白血病みたいですね。
ちょっと調べてみたのですが、確かにアザができたり食欲不振だったり、当てはまってる部分が多いです。

近所の病院では血圧測ってもらった描写しかないので(採血でもしてたら杏花音が騒ぎそうだし...)、お医者さんは端から白血病は疑わずって感じなんでしょうね。
 
そして作品名のロマンチカクロック、今まで深く考えてなかったんですが、まさか杏花音の残された時間のこととかじゃないですよね...。
さすがに主人公が生死の淵をさ迷う展開はりぼんではやらないですよね...?
心配です。


いろはにれんげ(柚木ウタノ先生)

「いつかきっと つかめるよね」

妖狐ヒロインですね!
人間になるの、もう少しひっぱるかと思ったので案外早くてびっくりでした。
憧れのアイドルミヤビちゃんがいて、(DVDの見すぎで?笑)ダンスも完璧...な設定ですがこれからどうなるのか全く想像できないです。
それこそアイドル目指してミヤビちゃんと同じ舞台に立つ展開も十分考えられますが、 芸能界ものはすでに「バディゴ!」がありますし、さすがに同時期に題材かぶりはないですよね。
予告カットが制服っぽいので普通に学園ものに移行する感じ?
これからの展開がどうにも転がせそうなのでとりあえず次回読まないとなんとも言えないですね。


猫田のことが気になって仕方ない。(大詩りえ先生)

「あっは!私まだあんたの名前聞いてなかった!なんて名前っ!?」

ああああ卒業しちゃいましたね...!そして入学しちゃいましたね!
まさか中学生編やると思ってなかったのでビックリです。「こどものおもちゃ」思い出しますね。
女子の制服は緑ということで、似合う子と似合わない子にはっきり分かれそうですが(笑)
みっきーには似合ってますね。
さてさて新キャラ千砂ちゃん。目の書き方が一人だけガラッと違うのでビックリしました。ふつうに丸いハイライトでいいんじゃないかな...。
みっきーも交友の輪が広がっていってて、引用したセリフのシーンも新学期特有の初々しい感じが好きです!

さて千砂ちゃんも猫田が猫顔に見えるようですね。
みっきーと猫田は幼少期に何か関わりがあったっぽいようなことが時々書かれていますが、千砂もそういうことなんでしょうか。
ここ最近は猫田の不思議に迫る展開とは離れていたので、久々に出てきてワクワクします。

なないろ革命(柚原瑞香先生)

「でも 仲良くなるのは紺野さんがいい」

個人的にひまりちゃんの黒(紺?)セーターが可愛くてツボです。
さてやっと奈菜に友達が?という話。
何気に奈菜が初めて自分から「仲良くしたい」と思ったんじゃないでしょうか。
今まで仲良くしたいに近い感情はゆゆたちグループ相手に持っていましたが、どちらかというと嫌われずにいたいとか、誤解を解きたいとか、ぼっちを回避したいとかそういう方向性であって、梓とちほみと仲良くしたい!と思ってるようにはあんまり見えないんですよね。
ゆゆのことはなんだかんだ捨てきれないというか、好きなんだろうなと思いますし...。

ブログお休みしてた間、かなりゆゆの闇的なものが垣間見えてますが(笑)、ゆゆの根本には奈菜が好きだという気持ちがあると思うので難しい話ですよね。
上手く立ち回って最後は奈菜にはゆゆしかいない状況にもっていきたいんだろうなーと思うのですけど、そんなゆゆにとっては新たな敵が(笑)
にしても詩丘くんの「嫌いになってほしいの?」は心理を突きすぎてやばいですね。本当に中一なんだろうか。
ゆゆにも言えることですけど。


「バディゴ!」(黒崎みのり先生)

「私たちはバディ きっとそれだけ それだけ」

どう考えてもそれだけじゃないだろという突っ込みは野暮ですね(笑)
ブログお休みしてる間に始まった連載でしたがかなり面白いです。
アイが女性だというのがばれるのが早すぎるのでは、と思ったりもしたのですがばれた後の展開が絶妙なので文句ないです(笑)
黒崎先生の絵柄自体は殆ど変っていないと思うのですが、でも以前より断然絵も女の子は可愛く、男の子はかっこよくって感じがするんですよね。
あっさりした絵柄で、書き込みの少な目なので見やすいです。

面白い、とは書いたのですが具体的に感想を書けと言われると中々かけないですね。(笑)
じわじわと仲が深まる二人をにやにやしながら見守る系の漫画だと思ってるので...。
ハヤテはアイが女だと気づいてしまったことを誰にも言ってないので、一人悶々としたり、気を使ってるのになんだよ!ってなったりと本当に見ていて美味しいです(笑)

うしろの光子ちゃん(いしかわえみ先生)

「もう 全部遅いんだ」

晴くんがらみの展開、見てて悲しすぎるので今月号でひとまず離れるのが有難い、そんなレベルで読んでいて辛いです(笑)
いしかわ先生の描くイケメン男性がすごく好きです。

教官が光子のスター性を見込んでるだけ(?)にしてはかなり可愛がってますね。
情に熱い、というかなんだかんだ極悪非道にはなれない人なんでしょうか。
単純に教え子可愛さ的な感じですかね。
光子の存続をかけた試験?の標的が教官になってしまいましたが教官って何を怖がるんでしょう.....。
今回モブっぽい感じで出てきた首から上のない教官がいたので、教官も元は光子的な感じでこの世に恨みや未練をもって死んだ怨霊なんだとしたら知られざる過去的なものがあるかもしれませんね。

この連載って何をもってゴールなのかがわからないのでなんとなくそのうちグダグダしてしまうんじゃないかって心配です。
読み切りだったときはある程度ゴールが決まっていましたが...。



ひとまずここまで!
続きも出来るだけ早めにあげられるようにします!




「さかさまクランベリー」の話


「俺は こっちのめぐるの方が好きだよ」

青山なので青色(笑)
9月号~3月号までに掲載された連載を振り替えってみようシリーズその2。
といってももう4月号発売された上読みましたので、通常運転に戻しつつやっていきます...

離れている間に連載が始まったわけですが、青山くん非常にかっこいいですね!!!
黒髪ということでそもそも基礎ポイント高いのですが(笑)、中1の時から見た目も中身も成長したのがビシビシ伝わってきます。
第一話で入れ替わった直後の見開き青山はもう、すごくドキドキしました(笑)
涙ぼくろがすごくいいです。

最初は普通に小柄な男の子とブラコンの元気女子のラブコメかと思いきやまさか未来に飛んでしまうとは!
中身が中3と入れ替わっちゃったってことでいいんですよね。
1月だったと思うのですが高校受験は...?
高校受験あんまり詳しくないのですけど基本的に2月です...よね?
まあその辺は突っ込まないでおきます。

中1めぐるは別に青山のことは友達(?)以上には認識してなかったからこそ、中3青山のスマートな彼氏的対応に翻弄されてるわけで。
青山は自然にめぐるに接してるのに対して、めぐるの方はわたふたしてるのが上手くかかれているなーと思います。

めぐるも嫌みない子で好きです。
素直に可愛いなーって見てられる主人公は貴重。
4月号のゾンビシューティングの後の青山のセリフをみる限り中3めぐるは女の子らしい感じになったのかな?
中3の二人がどんな感じだったのか気になります。

3月号、未来に来てからずっと受身だっためぐるが無意識的にはじめて行動を起こして、そして4月号のラストでは青山に「優しくしたい」と意識的に思って。
多分来月号の頭はキスする寸前で弟カップルに見つかるかなーなんて予想しているのですが(笑)、まあ結局キスはしばらくお預けかなとは思います。
十中八九キスしたら中1に戻れる=最終回、だと思うので。
何にせよめぐるが優しくしたいじゃなくて明確に「好き」と思うことに意味があるんじゃないかと。
未来に飛んでから色々ドキドキしっぱなしのめぐるですが、例えば今月号の抱き締められるとかじゃメーター振り切れるほどドキドキしないんですね。
今まで恋愛に無縁だった人なら抱き締められたってだけで相当ドキドキしそうなもんですけど、メーターかなり厳しいですね(笑)
いかにめぐるにとってキスが大事件だったのか、ってことでもありますけど。

基本面白く読んでるので時々でもメーターの描写があったらなーと思います。


というわけで今回はこんなところで。
ありがとうございました!

「ひよ恋」の話+


9月号~3月号に掲載された連載作品を振り返ってみようシリーズその1。
全作品は厳しいですが出来るだけやっていきたいと思います!

さて、ブログから離れている間に連載終了してしまいましたね!(笑)
長期連載お疲れ様でした。

高1冬~卒業(と数年後)の間を書く作品でしたが、ひよりは数年間ですごい成長したなあ。
教卓に隠れるところから連載が始まり、初期はロッカー閉じ籠りがしょっちゅうだったのに最終的には教師ですもんね。
結心達に勉強教えて有り難がられるシーンもよくあったから教えるの上手いのかなーと思いますし、ひよりは親身になって人の話を聞くタイプなので良い先生になりそう。
見た目のせいで保護者は少し不安になるかもですが(笑)

最後の方はがっつり受験、入試展開で同じく受験生だった私は見てて辛かったですね...
月1の楽しみだったりぼんに現実に引き戻されてしまうという(笑)
ひよりは一貫して余裕だったので本当羨ましかったです!(笑)
結心がひよりの(悪気はないけど)余裕あるっぽい発言にちょっとイラっと来てたのがすごくリアルでした。
ああ、心広くて温厚な結心でもやっぱり直前期は余裕なくなるんだなーと。
すごい私事みたいな感想ですいません。

正直結心のことが恋愛的な意味でタイプではなかったので、ひよりの成長や友情物として読んでる部分が多かったです。
長期連載だったのでちょっとしたキャラもエピソードがあったりしましたし。
3年ぐらいの連載だったらみったんは最後まで独身で、むしろ独身を貫き続けるキャラっぽくなってたかもしれないですね。

ただ、コウくんとりっちゃんのカップルは見ててなんていうか...癒されました(笑)
お似合いだと思います、とっても。

妃ちゃんと秋穂ちゃんの行方だけ一切わからなかったのがすごく気になるのですが...
妃ちゃんは医者になりたい?とか言ってた気がするのでまだ暫くは学生ですね。


ちゃんとどの登場人物も幸せになって、素直によかったねーっていえる漫画って結構貴重だと思います。
ひよ恋は悪意を持った登場人物がほとんどいなかったですし、トラブルがあっても相手を思うからこそ、の物だったりしたので平和的に解決しましたし。
秋穂ちゃんだけはかなり異質でしたけどね(笑)

ひよりも最初は困ってたら皆が助けてくれるって展開が多かったのですが、だんだん自分から動くことが多くなってきて、共感も得やすく応援したくなるような主人公だったんじゃないかなーと思います。

個人的に最大の問題なのが結心がなんでひよりが好きなのか、がいまいちよくわからなかったことですかね。
いや、まあひより可愛かったですけど!
友達じゃ駄目で、恋人にしたかったって辺りがあんまりわからなかったなと。
理屈で説明するような物でもないんですけど、「あーこれはひより可愛いなあ、恋に落ちるのもわかる」って読者が思えるような魅力が伝わったらもっとよかったなーと思います。
ひよりにどの程度恋愛的魅力を感じるかは個人差がだいぶある話題になりそうですが...(笑)


そして3月号から新連載「えそらごと。」がスタートということで!
オムニバス形式の短期連載らしいですね。
雪丸先生前にも「春待ちプラットホーム」で題名通り朝のホームを舞台にした作品書かれてましたが、駅とか電車とかお好きなんでしょうか。
色んな人が行き交うところって意味ではオムニバス形式の漫画には結構うってつけの舞台ですよね。


それではこんなところで。
ありがとうございました!

ポケモンOR②


カナズミシティでバッチ手に入れたところです。
まだマグマ団は追っかけてないですね。

リメイクなんだから当たり前なんですけど、音楽、イベントなどほとんど変わってないのに画面やシステムが違うだけで楽しみかたも変わりますね。
あと104番道路にお坊っちゃま、お嬢様、双子がいたのは何故か覚えていたので(笑)
懐かしかったです。

マルチナビのサーチモード、ポケモンに出会えば出会うほどレベルが上がっていくということで...。
今まで最初に出会ったポケモンに縁を感じて出来るだけ捕まえて育てるようにしてたんです。
つまり個体値とか全く気にせずプレイして厳選とかもせず、だったんですけど、せっかくなので今回はある程度サーチモードのレベル上がって情報が増えてから捕まえることにしました。
まあ本当にそういうの気にしてプレイしてる方に比べたら私のはほとんど何もしてないも同じだと思いますけどね。
そもそもゲームの中の存在であるポケモンに縁を感じるとか言ってる時点で私は厳選とは無縁ですね(笑)


話が変わりますがマップできのみ確認出来るのはすごく便利ですねー!
今までは絶対に植えた場所忘れるからもう植えなくていいや、なパターンだったんですが今回は育ててます。
まだそらをとぶ使えるようになるまで色々あるので戻るの面倒な所までは植えませんが...(笑)
ホウエン地方はポロックありますしね!
きのみ溜めないと!


そんなわけでカナズミジム勝利後のパーティー。
ツツジ、ワンピース変わりました?よね?
めちゃくちゃ可愛いです...。
ジム内にカロス地方の石?みたいのがあってびっくりしました。

*キモリ(15)
*スバメ(15)
*ポチエナ(13)
*カラサリス(12)
*ラルトス(13)
*ナマケロ(9)

がくしゅうそうちの力が半端ないの気がするのですが...こんなにもらえるものだったっけ。
タネボーがナマケロに。
実はキャモメの時もありました(笑)
みずタイプいないしキャモメもいいんですけど、リメイク元のルビーの手持ちにバシャーモ、ペリッパー、アゲハントがいたことがすごく鮮明な記憶としてあるので今回は別のポケモンで。
カラサリスは進化キャンセルしてます。
マユルドになった姉と、もう交換で図鑑を埋めようという話になり(笑)
時間が合わなくてなかなか交換出来ないのですがそれ待ちです。

それでは!

ポケモンOR①


というわけでのんびり(予定)のプレイ記です。
題名通りオメガルビーやります!
ちなみにリメイク元のルビー・サファイアの方もルビーやってました。

とりあえず今はトウカシティにたどり着いた!って所です。
リメイク元のオープニングや主人公が引っ越してくる展開などが変わってなくて懐かしさが半端ない。
でもやっぱり画面がすごく綺麗ですね。
前と同じシーン、展開でも受ける印象が全然違う!

女の子のビジュアルも可愛いですねー。
露出度がかなり高いですが(笑)
男の子...というかユウキくんも可愛いです。
主人公に負けたときに「強いんだねーっ」って言う顔がとんでもなく可愛い(笑)
でも服とかの全体ビジュアルはリメイク元のが好きだったかな...。

モブトレーナーとも戦いましたが前作同様魅力的。
虫取り少年とかの少年キャラは少年っぽくなって可愛いし。
ミニスカートは前作のオシャレな感じも可愛かったけど、今作は放課後にちょっとオシャレして出掛ける女子高生って感じ(笑)


そんなわけで今のパーティー!
カッコ内はレベルです。

*キモリ(9)
*ジグザグマ(6)
*ポチエナ(6)
*カラサリス(7)
*ラルトス(4)
*タネボー(3)

この中で残るのは一体何匹なんだろうか。
最初のポケモンはキモリです!
姉とあみだくじで決めました(笑)
ルビーはアチャモだったので今度は違うポケモンになってよかったです。
ニックネームつける派なんですが、今回は世界史ネームのパーティーにしてます(笑)
自他共に認める世界史オタクなので...


予想以上にわくわくしながらプレイしてました。
続きも楽しみ!


お久しぶりです


7月以来でしょうか...Twitterには出没してましたが(笑)
本当にお久しぶりです!
久しぶりすぎてなんだかすごく緊張しながらこれ書いてます(笑)

とりあえず大学受験の方は無事?終了しました!
まだ結果待ちの大学も残っているのですが、とりあえず試験は全部終わりましたし、既に合格頂けた大学もあるので進学できそうです...よかった。

入試当日までにこのレベルまで持っていかなきゃいけない!っていうのがかなり精神的苦痛でしたね。
夏場過ぎてくると遊べないのとかは慣れてきてどうでもよくなってくる(笑)

受験終わったら買いたい、って思ってた物が沢山あるのでお財布と相談しながらぼちぼち買っていきたいです。
とりあえず今日ポケモンORAS買ってきましたよ!
リメイクほんとーに楽しみでしたし、これは流行る、というか(主にネットが)盛り上がるなってわかってたので流行に乗り遅れた感がちょっと悲しいですが...細々とプレイの様子をブログでもあげていきたいと思ってます。
あ!映画も見に行きましたよー!(勉強しろ)
メレシー好きとしてはメレシーがおじ様キャラだったのに涙を禁じ得ませんでした...。


さて、りぼんですがもちろん毎月読んでましたよー!
ブログをお休みしてた数ヵ月の間にだいぶ入れ替わりましたね!
ひよ恋連載終了しちゃいましたね!お疲れ様でした。
さすがに自重して3月号は読んでなくてですね、これから読みます。
「今月の感想」っていうのはちょっとお休みさせて頂いて、私が更新お休みしてた9月号~3月号の間に掲載された連載作品についてはまとめて感想的なものを書こうかなーと思ってます。
あくまで予定ですが。

基本的には学校の登校日までは暇なのですが、この一年で溜まった予備校のテキスト、テスト、問題集や学校の教科書あたりをある程度捨てて掃除しないと机回りが恐ろしいことになってますので(笑)

またぼちぼち書いていきたいです。
今さらですが2015年もよろしくお願いいたします!

恵理

copyright (c) 365日with all rights reserved.

プロフィール

恵理

Author:恵理
現在大学生。
アップルパイとポッキーと白米が大好物!
漫画だろうが小説だろうが、読むのは大好き。
音楽だったら藍坊主さんとSasakure.UKさんが好きです。

普段は割りと冷めてる感じなんですが、興奮すると大変なことに
なったりならかったり。
夜に更新すると高確率で高テンションです。

よろしくお願いします♪

*読書メーター
恵理のマイページに飛びます

*Twitter
行き場のない胸の内を呟いています。
りぼんの感想など、ブログに関係することは殆ど呟いていません。
えり @melody_a839
リツイートがとても多い方などはリフォローしないことがあります。

*プロフィール画像はmomochyさんよりお借りしております。

アンケート

無料アクセス解析

ご協力ありがとうございます! 今後の参考にいたします。

最新トラックバック

アクセス

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
2176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少女向けコミック
112位
アクセスランキングを見る>>

読書メーター

恵理さんの読書メーター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム